2011/6/1 東日本大震災による被災者に係る医療保険の窓口負担の免除について

東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災に伴い医療保険の窓口負担の免除となっている方についても、平成23年7月1日以降は、原則として免 除証明書を提示した方のみ、一部負担金等の支払いが免除されます。現在、一部負担金等の支払いが免除されている方は、加入している医療保険の保険者に連絡 し、免除証明書の申請を行って下さい。ただし、「以下の市町村の国保に加入されている方」または、「以下の3県の後期高齢者医療制度に加入されている方で 保険証の住所が以下の市町村の方」については、被災により7月1日より前に免除証明書を交付することが困難なため、以下のような取扱いとなります。
〔岩手県〕
宮古市、大船渡市、陸前高田市、大槌町、山田町・・・平成23年8月1日から免除証明書が必要
〔宮城県〕
女川町・・・平成23年10月1日から免除証明書が必要
南三陸町・・・平成23年9月1日から免除証明書が必要
〔福島県〕
田村市、南相馬市・・・平成23年8月1日から免除証明書が必要
広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村・・・免除期間の終了日まで免除証明書の提示は不要
詳細につきましては、厚生労働省のWebサイト もしくは、 チラシ をご参照ください。

カテゴリー: 厚生労働省