2012/3/1 東日本大震災による被災者に係る医療保険の窓口負担の免除について

東北地方太平洋沖地震による被災に伴い医療保険の窓口負担の免除となっている方については、平成24年2月29日にて終了となりましたが、下記の方については、引き続き窓口負担は免除となります。
東京電力福島原発事故による警戒区域等のすべての住民の方(震災発生後に、他市町村に転出した方も含みます。)・・・平成25年2月28日 まで
被災区域(警戒区域等 以外)の住民の方で国民健康保険、後期高齢者医療制度および全国健康保険協会にご加入の方・・・平成24年9月30日 まで
尚、国民健康保険、後期高齢者医療制度および全国健康保険協会にご加入の方は、免除証明書の有効期限が「平成24年2月29日まで」と記載されている免除証明書でも、平成24年9月30日 まで引き続き使用することができます。
その他の医療保険にご加入の方は、免除証明書が更新されていれば、免除となります。ご加入の保険組合(健康保険証に記載されています)にお問い合わせください。
ただし、下記に記載の市町村国保にご加入の方、福島県の後期高齢者医療制度にご加入で下記の保険証に記載された住所が書きの市町村の方は、平成24年9月30日までは、免除証明書の提示は不要です。
広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村
詳細につきましては、 資料 をご参照ください。

カテゴリー: 厚生労働省