2012/4/1 高額な外来診療を受ける方へ

医療保険の制度では、1か月(暦月:1日から末日まで)単位で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する「高額療養費制度」があります。
今までは、入院の場合に窓口での支払いを自己負担限度額にとどめることが可能でしたが、平成24年4月1日からは、外来診療についても「認定証」などを提示すれば、自己負担限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。
※この制度を利用する場合には、事前に「認定証」を入手して窓口にて提示していただく必要があります。限度額や認定症の入手方法については、ご加入の保険組合(健康保険証に記載されています)にお問い合わせください。
制度の詳細については、厚生労働省のWebサイトをご参照ください。

カテゴリー: 厚生労働省