2013/2/10 風疹(ふうしん)が流行

中野区や都内で風疹が流行しています。今年は過去10年間で2番目に多い数の水準で、感染の報告が出ているとのことです。
風しんにかかったことがなく、これまでに予防接種を受けていない場合は、血液検査をしたうえで、必要であれば予防接種を受けることをお勧めします。
風しんと診断された場合は、感染性を持つとされる期間(発しん出現後5日くらいまで)周囲に感染を広げないよう注意が必要です。風しんは、飛まつにより感染するため、咳(せき)などの症状があるときは、マスクを着用しましょう。
中野区の注意情報や、東京都福祉保健局からのおしらせに詳しい予防法や対処法が記載されていますので、ご参照ください。

カテゴリー: 中野区, 東京都