2017/1/10 鳥インフルエンザA(H7N9)の流行について

最近ニュースでも話題になっている鳥インフルエンザについて国立感染症研究所から国内での発生状況について情報が更新されています。

国立感染症研究所の情報サイト
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9.html

鳥インフルエンザA(H7N9)について (厚生労働省Webサイトより)

2013 年 3 月以降、中国において患者が報告されています。 多くの患者が直接的又は間接的に家きん等との接触があったことが報告されています。また、 これまでのところ、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されておりません。

感染経路

ヒトは、 感染した家きんやその排泄物、死体、臓器など に濃厚に接触することによってまれに感染することがあります。日本では発症したヒトは確認されていません。 また、 これまでのところ、ヒトからヒトへの持続的な感染は確認されておりません。

世界での発生状況

鳥類では中国及び香港において感染が確認され、ヒトでの症例は中国において報告されています。

潜伏期

1~10日(多くは2~5日)

診断と治療

(1) 臨床症状:

高熱と急性呼吸器症状を特徴とする。下気道症状を併発し、重症の肺炎が見られることがある。呼吸不全が進行した例ではびまん性のスリガラス様陰影が両肺に認められ、急速に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の症状を呈する。二次感染、脳症、横紋筋融解症に進展した報告がある。
発症から死亡までの中央値は11日(四分位範囲7~20日)であり、進行性の呼吸不全等による死亡が多い。

(2) 病原体診断

(3) 治療:タミフル等を用いた治療を検討

発症予防

鳥との接触を避け、むやみに触らない。

生きた鳥が売られている市場や養鶏場にむやみに近寄らない。

手洗いの励行(特に発生国では徹底してください)。

カテゴリー: 厚生労働省, 国・都・区からのお知らせ