ブログアーカイブ

2016/9/1 麻しん(はしか)が一部地域で発生しています

渡航歴のある麻しん患者やその接触者からの患者の発生が都内および周辺自治体において散見されています。かかる前に麻しん・風しん混合ワクチンを接種しましょう。 麻しんは、麻しんウイルスによる感染症です。空気感染が主たる感染経路

カテゴリー: 国・都・区からのお知らせ, 東京都

2015/5/1 伝染性紅斑(リンゴ病)について

伝染性紅斑は、ヒトパルボウイルスB19による感染症です。皮膚の発しんを主症状とし、両頬がリンゴのように赤くなることから別称「リンゴ病」とも呼ばれます。 染性紅斑は年によって発生に差がみられる疾患ですが、東京都内では昨年秋

カテゴリー: 国・都・区からのお知らせ, 東京都

2014/9/1(10/1更新) デング熱について

デングウイルスを媒介するヒトスジシマ蚊は11月まで生息するそうです。 蚊に刺された後に身体的な所見(発熱、頭痛、目が痛い、皮膚発疹)がある方については、受診されることをお勧めいたします。 診察後、デング熱の疑いありと判定

カテゴリー: 国・都・区からのお知らせ, 東京都

2013/2/14 東京都発表 今春の飛散花粉の総数は昨春の5~6倍

東京都が今春の花粉の飛散量の予測を出しています。 今年は、昨春の5~6倍の予想となっています。2月中旬より飛散が始まるとのことです。 東京都の発表はこちらからご参照ください。 東京都の報道機関発表 花粉症の予防は早めに、

カテゴリー: 東京都

2013/2/10 風疹(ふうしん)が流行

中野区や都内で風疹が流行しています。今年は過去10年間で2番目に多い数の水準で、感染の報告が出ているとのことです。 風しんにかかったことがなく、これまでに予防接種を受けていない場合は、血液検査をしたうえで、必要であれば予

カテゴリー: 中野区, 東京都

2012/12/8 ノロウィルスにご注意!

中野区や都内のみならず、全国的にノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行しています。今年は過去10年間で2番目に多い数の水準で、感染の報告が出ているとのことです。 予防のためには、 基本となる手洗いの励行、食品の加熱、体調管

カテゴリー: 中野区, 東京都

2010/5/24 中野区内での感染症発生状況について

中野区では、感染性胃腸炎患者数は徐々に減っていますが、手洗いの励行をはじめ、消毒など、感染予防ならびに二次感染の防止には引き続き十分 留意する必要があります。 東京都内では、過去10年間と比較して、百日咳の報告数が増えて

カテゴリー: 中野区, 東京都