アレルギー減感作療法(舌下免疫療法)

アレルゲン免疫療法とは?

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から患者さんに投与することで体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
「花粉症を治す」または「長期にわたって花粉症の症状をおさえる」ことが期待できます。

アレルゲン免疫療法の特徴

  • アレルギー症状を長期にわたり押さえる可能性がある治療法
    症状が完全に抑えられない場合でも、症状を和らげる効果が期待できます。
  • 治療開始前に、症状がアレルゲンによるものかを診断して確かめる必要がある
    問診だけでなく、アレルギー検査を行って、症状の原因となるアレルゲンを確かめます。
  • 治療は長期間(3年〜5年)かかる
    途中でやめてしまうと、効果がありません。
  • すべての患者さんに効果があるとは限りません
    どんな治療にもいえますが、必ず効果があるとはいえません。
  • 場合によっては副作用があることも
    アレルゲンを投与するために、アレルギー反応が起こる可能性があり、アナフィラキシーショックがおこることもあります。

アレルゲン免疫療法

舌下免疫療法について

減感作療法には、皮下注射をする皮下免疫療法と、舌の下(舌下)にアレルゲンを投与する舌下免疫療法があります。

舌下免疫療法は、注射をする必要がないので痛みがなく、自宅で毎日服用できるメリットがあります。
しかし、服用量や服用方法、副作用に対する対応など、患者さんが皮下免疫療法と比べてより治療に対して理解を深める必要のある治療法です。

期待できる効果

長期にわたり正しくアレルゲン免疫療法を行うと、次のような効果が期待できるとされています。

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 涙、眼のかゆみの改善
  • アレルギー治療薬の減量

舌下免疫療法の種類

田中クリニックでは、現在は2つの舌下免疫療法を実施しています。

詳細については、各ページをご参照ください。

ご注意事項

この治療を開始する前には、年齢や問診や血液検査などの条件がありますので、まずは一度診察が必要です。(その際の予約は不要です)保険証をお持ちになり、受診してください。