スギ花粉症 アレルギー減感作療法(アレルゲン免疫療法)

2014年10月より厚生労働省より承認されました シダトレンを使用したスギ花粉症 に対する舌下免疫療法によるアレルギー減感作療法 を田中クリニックでも開始いたします。

花粉が飛び始める時期になりますので、新たに舌下免疫療法の開始が出来ません。
舌下免疫療法を始めたい方は6月より受付を再開をいたします。
現在、舌下免疫療法の治療をしている方は、そのまま継続します。

この治療を開始する前には、年齢や問診や血液検査などの条件がありますので、まずは一度診察が必要です。(その際の予約は不要です)
保険証をお持ちになり、受診してください。

アレルゲン免疫療法とは?

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から患者さんに投与することで体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
アレルゲン免疫療法は、「花粉症を治す」または「長期にわたって花粉症の症状をおさえる」ことが期待できます。
アレルゲン免疫療法は、原因となるアレルゲンを用いて行う治療法です。

アレルゲン免疫療法の詳細については、アレルギー減感作療法(舌下免疫療法)のページをご参照ください。

 

舌下免疫療法について

減感作療法には、皮下注射をする皮下免疫療法と、舌の下(舌下)にアレルゲンを投与する舌下免疫療法があります。

舌下免疫療法は、注射をする必要がないので痛みがなく、自宅で毎日服用できるメリットがあります。
しかし、服用量や服用方法、副作用に対する対応など、患者さんが皮下免疫療法と比べてより治療に対して理解を深める必要のある治療法です。

期待できる効果

長期にわたり正しくアレルゲン免疫療法を行うと、次のような効果が期待できるとされています。

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 涙、眼のかゆみの改善
  • アレルギー治療薬の減量
スギ花粉症舌下免疫療法

スギ花粉症舌下免疫療法

ご注意事項

  • この治療を開始する前には、年齢や問診や血液検査などの条件がありますので、まずは一度診察が必要です。(その際の予約は不要です)保険証をお持ちになり、受診してください。
  • 毎日ご自宅や仕事場などで、ご自身で服用する必要があります。ちゃんとした服薬ができないと効果がないばかりではなく、アナフィラキシーショックなどの重篤な症状が出ることもあります。体に合わないなどの服薬の中断などについても、医師に相談をして決定してください。
  • ひと月に1度の受診が必要です。定期的な通院ができない場合には、治療ができません。
  • 3年から5年間服用し続ける必要があります。途中で治療を中断すると、また最初からやり直しとなり、そこから3年から5年間の期間が必要です。
  • ダニアレルギー舌下免疫療法との併用は、現時点では、学会等の報告および製薬会社からは推奨されておりません。どちらか一方の治療が終了後にもう一方の治療を開始することとなります。

シダトレンの処方は、講習を受講し試験をパスした登録医でないと出来ないことになっております(アナフィラキシーなどの危険性があるため)。
当クリニックでは、在籍の医師は全員が登録医となっております。