新型コロナウイルスワクチン接種が開始されます。こちらのページでは、接種を受ける上で必要な各種情報をお伝えします。

予約については、真ん中あたりにあります。
注意事項等をお読みの上、ご予約ください。

ワクチンを受けるのに注意が必要な方について

以下の方は、ワクチンを受ける前に、かかりつけ医等にワクチンを受けて良いかを事前に相談してください。

現在何らかの病気で治療中の方

  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患、免疫不全で治療中の方
  • 血が止まりにくい病気の方や、血をサラサラにする薬(抗凝固薬、ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ)を飲んでいる方

以下の様な症状が出たことがある方

  • 薬や食品に対する重いアレルギー症状
  • けいれん(ひきつけ)

ワクチンの予約方法について

ワクチンの供給量の関係上、新規の予約受付は停止しております。予約再開の目処はたっておりません。ご了承ください。(お電話でお問い合わせいただきましても、同じです。)

新型コロナウイルスワクチンは、基本的には、住民票がある市町村から案内があり、その市町村の指定する方法で接種を行います。但し以下の場合には他の市区町村での接種が認められるとのことです。

一度に大変多い人数の接種となるために、間違い防止のために、ネットからの予約をメインとさせていただいています。ご了承ください。
受付期間などについての詳細は、下記のページに記載しています。

ワクチンを受ける当日について

  1. 当日、接種前にご自宅で体温を測定して、明らかな発熱がある場合には、接種を取りやめてください。予約した接種場所に連絡をしてください。
  2. 上腕の三角筋に注射をするために、肩を出しやすい服装でお越しください。
  3. 接種に必要な持ち物を用意してください。
    • 接種券(シール等は剥がさずにそのままお持ちください。)
    • 事前に記入済の予診票 (予診票が無い場合には、クリニックで配布します。)
    • 本人確認書類( マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど )
  4. 予約時間に、田中クリニックにお越しください。あまり早すぎたり、遅れたりすると、待合室が密になってしまいますので、時間通りお越しいただければと思います。
    (予約時間過ぎてもいらっしゃらない場合には、後回しになることもあります。)

ワクチンを受けた後について

ワクチンを受けた直後について

ワクチンを受けた後は、15分以上は待機場所で座って様子を見てください。
接種後に以下の様な症状が現れる可能性があります。

  • アナフィラキシー
    薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。
    じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が、急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。
    アナフィラキシーショックが起こることはまれですが、接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なように適切な医療体制を整備しています。
  • 血管迷走神経反射
    ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。
    誰にでも起こる可能性があるからだの反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。
    倒れて怪我をしないように、背もたれのある椅子に座って、様子を見てください。

待っている間も、マスクをする、会話を控えるなどの感染対策をお願いします。

ワクチンを受けた日の注意点

ワクチンを受けた日は、激しい運動や飲酒は避けてください。
接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分(接種部位)は、強くこすらないようにしましょう。

ワクチンを受けた数日以内に現れる可能性のある症状について

以下の様な症状が、現れる可能性があります。通常は数日すると回復していきますが、つらい場合やひどい場合には、受診をしてください。

  • 接種部位の痛み、疲労、頭痛
  • 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
  • 吐き気、嘔吐

次回予約について

ワクチンは、3週間の間隔(打った曜日の3回後の同じ曜日)で2回接種します。2回目の予約をご案内可能な場合には、予約をしてからお帰りください。
( ワクチンの入荷状況により、2回目の予約が受けられない場合もあります。受付にてご相談ください。)

接種後に現れた症状の種類によっては、2回目の接種は控えた方が良い場合にもあります。接種後に気になる症状が現れた方は、受診をしてください。
症状について診察をするとともに、2回目の接種を受けるかどうかについても、ご相談にのります。

ワクチン接種後の感染予防対策の継続について

ワクチンを受けた方は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他の方への感染をどの程度予防できるかは、まだ分かっていません。
また、ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けていない方も、共に社会生活を営んでいくことになります。
このため、皆様には、以下の様な感染予防対策を継続していただくようお願いいたします。

  • 3つの密(密集・密接・密閉)の回避
  • マスクの着用
  • 石けんによる手洗い
  • 手指消毒用アルコールによる消毒の励行

その他ワクチンに関する情報

新型コロナウイルスワクチン接種QA (厚生労働省)

中野区の新型コロナウイルスワクチン接種についてはこちらをご覧ください。

新宿区の新型コロナウイルスワクチン接種についてはこちらをご覧ください。